アニメ作品

氷菓|著者:米澤穂信

作品紹介

小説情報

レーベル角川スニーカー文庫
製品名氷菓
著者米澤穂信
初出2001年11月

アニメ情報

監督安里麻里
放送局TOKYO MXほか
放送期間  全22話2012年4月22 日 - 9月16日

何事にも積極的に関わろうとしない「省エネ主義」を信条とする神山高校1年生の折木奉太郎は、姉・供恵からの勧めで古典部に入部する。
しかし、古典部には同じ1年生の千反田えるも「一身上の都合」で入部していた。
奉太郎とは腐れ縁の福部里志も古典部の一員となり、活動目的が不明なまま古典部は復活する。
そして、えるの強烈な好奇心を発端として、奉太郎は日常の中に潜む様々な謎を解き明かしていく。

ある日、奉太郎はえるから助けを求められる。
それは、彼女が元古典部部長の伯父から幼少期に聞かされた、古典部に関わる話を思い出したいというものだった。
奉太郎の幼馴染で里志に好意を持つ伊原摩耶花の入部後、古典部の文集『氷菓』がその手掛かりだと知った奉太郎は、仲間たちと共に、『氷菓』に秘められた33年前の真実に挑むことになる。

「氷菓」レビュー

まだレビューはありません

0
Rated 0 out of 5
最高0%
良かった0%
ふつう0%
いまいち0%
最悪0%

著者情報

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)

物心ついた頃から漠然と作家業を志すようになる。
11歳でハーバート・ジョージ・ウェルズ『宇宙戦争』の続篇という形で二次創作を書き、中学2年生あたりからオリジナルの小説を書き始めた。
金沢大学文学部の2年生から、ウェブサイトでネット小説サイト「汎夢殿」(はんむでん)を運営し、作品を発表し始める(デビューが決まった後「汎夢殿」は一旦閉鎖され、これらの作品は現在読むことが出来ない)。
様々な種類のエンターテイメント作品を書いていたが、大学時代に北村薫の『空飛ぶ馬』、『六の宮の姫君』(東京創元社、1992年)を読み衝撃を受け、ミステリーへの方向性を決める。

作品リスト

〈古典部〉シリーズ

  • 氷菓
  • 愚者のエンドロール
  • クドリャフカの順番 「十文字」事件
  • 遠まわりする雛
  • ふたりの距離の概算
  • いまさら翼といわれても

〈小市民〉シリーズ

  • 春期限定いちごタルト事件
  • 夏期限定トロピカルパフェ事件
  • 秋期限定栗きんとん事件
  • 巴里マカロンの謎

〈ベルーフ〉シリーズ

  • 王とサーカス
  • 真実の10メートル手前

その他の小説

  • さよなら妖精
  • 犬はどこだ
  • ボトルネック
  • インシテミル
  • 儚い羊たちの祝宴
  • 追想五断章
  • 折れた竜骨
  • リカーシブル
  • 満願
  • 本と鍵の季節
  • Iの悲劇
  • 黒牢城

アニメ作品情報

主要キャラ声優

折木奉太郎:中村悠一
千反田える:佐藤聡美
福部里志:阪口大助
伊原摩耶花:茅野愛衣
折木供恵:雪野五月
遠垣内将司:置鮎龍太郎
入須冬実:ゆかな
糸魚川養子:小山茉美
十文字かほ:早見沙織
江波倉子:悠木碧

作品感想とネタバレ記事一覧

まだ投稿はありません

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
あにめにあ【公式】

あにめにあ【公式】

あにめにあ管理会社の代表 楽しくわくわくする事が好きで、楽しくを重点的に視野に入れてビジネス展開 アニメオタク、ゲームオタク、ビジネスオタク とにかくオタクのプロフェッショナルです♪

-アニメ作品