2006年春アニメ

アニメ

涼宮ハルヒの憂鬱|谷川流

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」ハルヒの前の席に座るクラスメートの「キョン」が話しかけたことをきっかけに、SOS団に加入させられてしまうのだった。