アニメページ

転生したらスライムだった件|第1話|暴風竜ヴェルドラ(1579)

作品のあらすじ

言わずと知れた人気作品『転スラ』
下記、公式アニメサイトからの引用です。
主人公リムルは、ドラゴンにゴブリン、ドワーフやオーガなど 多種多様な種族と出会い、この世界のあり方を知っていく。
そして、時にユーモラス、時にシリアスに展開する物語の先に待つのは、魔王の存在。

一匹のスライムが身につけたスキルを駆使し、 知恵と度胸で仲間を増やしていく。
ファンが待ち望んでいた転生エンターテインメント、いよいよアニメで開幕!

本ページはキャラクターのセリフを色分けして表現しています。

三上悟

謎の少女

田村

ヴェルドラ

謎の音声

アニメを観るなら

厳選されたアニメが観れるサイト
ランキング形式でご紹介♪

U-NEXT

国内最大級
圧倒的作品数
アニメ、ドラマ、映画、コミックなど
初回31日間は無料で使えます♪

  • あれこれ入りたくないユーザー
  • 4アカウントまで作成可能で同時視聴もOK
  • 毎月1200ポイントが貰える

圧倒的な作品数でアニメ以外も多く視聴可能
雑誌までありさまざまなエンタメ要素を取り扱い
4アカウントまで作成可能なのでシェアして利用可能

ABEMAプレミアム

新着アニメ世界最速
最新テレビアニメの同時放送もあるほどの最速
話題作や新作など幅広く観ることが可能です。

  • とにかく早く観たい方
  • 話題作や最新作をチェックしたい方
  • 地上波では観られないオリジナルバラエティ豊富

配信がとにかく早く、見逃しても即時で見ることが可能
プレイヤーも使いやすく動作もスムーズで使いやすいです。

dアニメストア

圧倒的なアニメラインナップ
観たいアニメに出会える

  • オススメやグッズ販売もしていて使いやすい
  • アニメに特化してるので作品すが多い
  • アニメのみなので料金が安い

アニメだけでいい方は圧倒的コスパ
ドコモの契約の場合は料金合算払いも可能♪

第1話|暴風竜ヴェルドラ

戦時中の東京、多数の爆撃機が大量の爆弾を落とす。
火の海の中逃げ惑う人々。
その中に母に手を引かれて走る少女が。。
しかし建物が突如崩れ落ち、母が下敷きになってしまう。

謎の少女;「お母さん!防空壕は?お母さん!」

叫ぶ少女。
防空壕よりお母さんの安否を心配してあげて!
でも今では考えられないけど日本が戦場になっていた時代があったんだね。
戦争いくない!

突如映し出される謎の手。
魔法をかけているような。
するとその手に操られるかのように炎が竜巻となり少女を飲み込んでしまう・・・

少女は一体どうなってしまったのか。
転生したのかな?

こういう伏線みたいなのは一度見ただけだとすっかり忘れてしまったりするけど、 ちゃんと覚えておけば「ああ、あの時の!」と繋がってより楽しめるよね。
ということでこの少女のことを覚えておきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

時は移り変わり現代の東京。
一人の男が人ごみの中を歩き周りを見回す。
この男が主人公・三上悟だ。
彼はつぶやく。

三上:「平和だな」

何気ない一言だけど、冒頭のシーンとの対比で時が流れたことがよくわかる。
三上悟は大学を出て大手企業に就職し、それなりに出世もしてそこそこの給料ももらって37歳。
特に不自由もなく順調な人生のように見えるが、彼女いない歴=年齢という驚愕の事実!

俗にいう魔法使いというやつだw
30歳まで童貞って世の中にどれぐらいいるんだろう?
「別に彼女がいなく困ることはないし」とか自分に言い訳しているのが悲しすぎる・・・

田村:「先輩!こっちです」

三上に呼びかけた男が手を振っている。
その横には可愛い彼女。
相談があるといって後輩の田村に呼び出されたようだ。
もしや結婚の相談か?
それでもかわいい後輩のために素直に祝福してあげようと思う優しい三上。

{CAPTION}

ご飯を食べに移動すしていると突如ナイフを持った男が田村に走り寄ってくる。
田村を狙ったところを見ると、好きな女を取られたストーカー男か、 それともただの通り魔か・・・
治安がいいと言われる日本だけど最近おかしな事件が多いし、外では気を付けよう!

三上はとっさに田村を突き飛ばし、代わりに刺されて倒れてしまう。
倒れた地面には大量の血が。。

三上:(なんだこれ・・熱すぎる。勘弁して、ほしい)

苦痛に顔を歪める三上の頭の中に、突如謎の音声が響く。

謎の音声「確認しました。耐熱耐性獲得、成功しました」

三上(刺されて死ぬとか・・ないわ)

謎の音声「確認しました。刺突耐性獲得、成功しました。続けて物理攻撃耐性獲得、成功しました」

三上(痛い・・血が・・・・)

謎の音声「確認しました。痛覚無効獲得、成功しました。血液が不要な身体を作成します、成功しました」

どうやら転生に向けての準備が始まってるっぽい。
死ぬ原因になったものに対する耐性を取得していっているようだ。
にしても耐熱耐性じゃなくて対熱耐性のような気はするけど黙っておこう。

必死に呼びかける田村を尻目に三上はさらにスキルを獲得していく。

三上(寒い・・)

謎の音声「耐寒耐性獲得、成功しました。耐熱耐性、耐寒耐性を獲得したことにより、熱変動耐性にスキルが変化しました」

息も絶え絶えに田村に血まみれの手を伸ばし、田村はその手を取る。
そして三上が言葉を絞り出す。

三上「家のパソコン・・ハードディスクの中身、風呂に沈めて完全に消去してくれ」

謎の音声「電流によるデータ消去。データ不足により失敗しました。代行措置として電流耐性を獲得、付属して麻痺耐性を獲得、成功しました」

三上「頼む・・・」

最後の願いがそれって・・・
まあでも世の男は大体そんなもんなのかなwww
そしてブレない謎の音声。
なんだかちょっと無理やりなきもするが電流耐性も獲得。

三上(まさか、童貞のまま死ぬなんて・・生まれ変わったらガンガン攻めよう。食いまくって・・)

謎の音声「ユニークスキル、捕食者を獲得、成功しました」

薄れゆく意識の中、さらにスキルを獲得していく。

三上(30歳童貞で魔法使いなら、40近い俺はもうすぐ賢者だったのに・・大賢者も夢じゃないな)

謎の音声「エクストラスキル、賢者を獲得。続けて賢者をユニークスキル、大賢者に進化させます。成功しました」

三上(うるせえなあ・・そろそろ静かに、してくれよ・・・・)

40歳になってないのに大賢者を獲得できたことに突っ込む気力もなく力尽きる三上。

どれだけの時が立ったか、目覚める三上。
とはいえ目は見えず、痛みも寒さも感じない。
確認すると体は一応動かせ感覚もある。

目ははっきり見えるわけではないがぼんやり白黒でノイズが入ったような感じで見えるようだ。
口は動くが声は出ない。
身体もなんだかぷよぷよしているようで不思議な感じ。

そして草を溶かして吸収できる身体。
普通の人間の身体じゃないと気付く三上。

心の声も大人の男から、子供っぽいかわいい声に変わる。
動いてみて検証した結果、ようやく気付く。

三上:(なんということでしょう!あんなにかっこよくて男らしかったのに(自称)、今ではこんなに流線的な洗練されたスタイルに!・・ってあほか!認められるかーーー!)

悲壮感が全くないどころかなんだか楽しそう。
そしてタイトルの伏線回収完了。

食事も睡眠も必要なくて痛みも感じないからだって便利そうだなあ。
そしてこの声になっただけでめっちゃ可愛い(≧∇≦)
たまに可愛く転生してるのに、心の声はおっさんのままとかあるけどそういうのは個人的にはちょっと萎える。

何もしてないと不安だからと洞窟に生えてる草を食いまくるスライム。

三上:(でもこの食べたものどこに吸収されているんだろう。うんこしてないし・・)

その時急に頭の中に聞き覚えのある音声が流れ驚くスライム。

謎の音声「解。ユニークスキル、捕食者の胃袋に収納されています」

三上:(こ、この声、確か刺された時にも聞こえた。だ、誰?)

謎の音声:「解。ユニークスキル、大賢者の効果です。能力が定着したため、反応を速やかに行うことが可能となりました。」

三上:(大賢者・・えーっと、スキルって能力のことか?捕食者って・・?)

大賢者(謎の音声)「捕食して対象物を体内に取り込み解析。その対象物のスキルを習得できます。解析が完了すれば擬態化も可能です。胃袋は捕食対象を収納し、さらに解析の及ばない有害なものを隔離することも可能」

試しに食べていた草を解析すると、魔素の濃厚な場所にしか繁殖しない貴重な薬草らしい。
ちなみに魔素というのは魔素とは魔物にとっては生命の源となる物質のことで、この洞窟にはそれが満ちているらしい。

そしてその薬草から体内で傷薬や回復薬を作って貯めておくこともできるらしい・・・
ん?食べて吸収、解析までは捕食者と大賢者のスキルでわかるけど、そこからどうやって薬を作ってるんだろう?
それも大賢者の能力の一部ということで納得しておく。

ともあれ他にやることもないし、今後の為にもなるので薬草を食いまくり薬を作りまくるスライム。
洞窟を探索したり、外に出てみるとかやることはありそうだが、スライムの身体では危険すぎると考えたのかな?

ついでに見つけた魔鉱石なる貴重な鉱物も捕食していく。
後々武器とか防具作ったりに使うのかも。

調子に乗って駆け回った結果、湖に落ちて沈んでいくスライム。
呼吸は必要ないから溺れはしないけど、どうやって戻るか悩むスライム。

考えた結果、水を捕食してそれを吹き出す勢いで脱出を図ることにしたスライム。 。
ものすごい勢いで体を飛ばすほどの勢いで水を吹き出せるのもきっと大賢者のおかげだ。

それにより『水圧推進』スキルとやらを獲得。
転生前だけでなく、転生後の行動からスキルを取得することもあるのか。

チート能力に理由付けがあるのは個人的には好き。
まあ湖の水全部飲み干しておけば後々何かに使えそうだし、それから脱出すればいいのになーとか思ったりもしたけどw

勢いあまってぶっ飛んでしまい、怪しげな壁にぶつかってようやく止まる。
痛みはないが身体は損傷するようだ。
だが固有スキル『自己再生』が発動して元通り。

こんな便利なスライムならなってみたい。

謎の声:「聞こえるか。小さきものよ」

突如威厳のある声が響き渡る。

謎の声:「おい、聞こえているだろ」

三上(お、俺のことだよな?)

あたりを見回す三上。 それを見下ろす巨大な影の目が光る。

謎の声:「返事をするがよい」

三上:(って言われても口がないから喋れないんだよ!)

謎の声:「おい!」

三上:(もうっ!うっさいハゲ!)

一瞬驚き、目を細める巨大な影。

謎の声:「ほう?我をハゲ呼ばわりするか。いい度胸ではないか!うがぁぁぁぁぁっ!!!」

咆哮とともに洞窟が揺れる。

謎の声:「久方ぶりの客人だと思って下手に出てやったが、どうやら死にたいらしいな!」

三上:(すいません!すいません!思ったことが伝わるとは思わず!自分、口もなく目もない状態でして!」

焦って言い訳をする三上。
喋れないって言ったときに聞こえてるって言ってくれたらいいのにw
それに『ハゲ』って人間に対する悪口で怒るドラゴンもちょっと面白いwww

謎の声:「くははははははは!」

謎の声の突然の高笑いに首を傾げる(?)三上。
声の主によると条件付きで目が見えるようにしてくれるらしい。
その条件とは、見えても自分に怯えないこと。
そしてまた話をしに来ることらしい。

簡単すぎる条件だが、300年間封印されていてものすごく暇らしい。
300年て!
時間の感覚が人間とは違うんだろうけど、そんな時間ずっと一人でしかも動けないとか発狂しそう。

三上:「封印ってのが気になりますけど・・・わかりました!喜んで!」

見ても怯えるなのも気にならないのか?
状況受け入れるのも早かったし割と能天気な性格っぽい。

契約が成立し、目が見える方法を教えてもらう。
『魔力感知』という周囲の魔素を感知するスキルを使うらしい。
そんなスキルは持っていないがやってみるとまたしてもスキルゲット!
しかもエクストラスキルという、通常のスキルとはけた違いにすごいスキルらしい。

早速使ってみると周囲が色付き、景色がはっきりと見える。
まず一番にやることは水に自分の姿を映して確認すること。
あー、水全部飲み干してたらこれもできなかったなw

礼を言いに戻って見上げるとそこには恐ろしいドラゴンの姿が!
ビビりまくるスライムを近くに呼ぶドラゴン。
彼の名は『暴風竜ヴェルドラ』世界に4体しか存在しない竜種の一体らしい。

話してる感じ割と優しそうだけど、目の前にいたらやっぱり恐ろしいかな(´艸`)
また来ると言い残し立ち去ろうとするが呼び止められる。

本来スライムというのは思考もしない低位のモンスターらしく、自我があり喋るのはとても珍しいよう。
異世界からこの世界に来る者はたまにいるが、魂だけで世界を渡るのは普通耐えられないので転生者は知る限り初めてとのこと。
ちなみに異世界から来た者は『異世界人』と呼ばれ、世界を渡る際に特殊な能力を獲得するらしい。

なんだか大事な伏線の予感。

その中に日本人もいるかもと考え、会いに行こうとする三上。

ヴェルドラ:「なんだ?もう行ってしまうのか?」

しょんぼりして寂しそうな声を出すヴェルドラ。

三上:「え、えーっと、もう少しいようかな!どうせ暇ですし」

ヴェルドラ:「そうか!ゆっくりしていくがよい!」

嬉しそうなヴェルドラ。 めっちゃ可愛い(*´ω`*)

仕方ないので封印された経緯を聞くことにする。
300年前、ちょっとうっかり町一つを灰にしちゃったらしい。
まあドラゴンから見たら人間の町なんてそんなもんなのかな( ゚艸゚)プッ

そこに現れた仮面をかぶった人間の女性。
加護を受けた人間の勇者でユニークスキル『絶対切断』
ヴェルドラを圧倒し、 『無限牢獄(むげんろうごく)』で封印したというのだ。

その勇者は自分のことを『召喚者』と名乗っていたらしい。
『召喚者』というのは30人以上の魔法使いで何日もかけて儀式を行い異世界から呼び出された存在のこと。
召喚者は兵器としての役割が期待され、召喚主に逆らえないよう魂に呪いをかけられ呼び出される。
ひどい話だが、この世界では普通のことだという。
召喚主ガチャ失敗したら最悪じゃないか(゜Д゜)

37年彼女がいないだけで結構寂しかったのに、300年ひとりぼっちという状況に同情する三上。

三上:「じゃあ俺と友達にならないか?」

唐突に提案するスライム。 今まで敬語で話してきたドラゴン相手に距離の詰め方えぐいw

ヴェルドラ:「なんだと!スライムの分際でこの暴風竜と恐れられる、この我と友達だと!?」

そりゃ怒るよね。

三上:「い、嫌ならいいんだけど!」

ヴェルドラ:「ば、ばか!誰も嫌だと言っておらぬだろうが!」

と思ったらあれ?

三上:「え、そう?じゃあどうする?」

ヴェルドラ:「そうだな、どうしてもと言うなら考えてやってもいいんだからね!」

ツンデレドラゴン。
300年ひとりぼっちで寂しすぎてキャラが崩壊したようだ。
たぶん300年前に同じこと言ってたら殺されてただろうな、

三上:「うん。どうしても、だ!決定な!嫌なら絶交。二度とこない」

目が見えるようにしてもらった時の約束をシレっと反故にするスライム。

ヴェルドラ:「し、仕方ないな。お前の友達になってやるわ。感謝せよ!」

三上:「素直じゃないね。じゃよろしく!」

そう言い、手らしきものを伸ばすスライム。
人の足元を見て主導権を握るとはなかなかのやり手だなこいつ(--;)
社会で揉まれて大企業で出世しただけのことはある。

伸ばしたスライムの手に爪の先で触れるヴェルドラ。
封印って別に壁の中に閉じ込められてる訳じゃなくて、そこから動けないってだけなのかな?

触れ合った指先が光る。
これぞ異種族間のトモダチの証
その名も『E.〇.』
指先を触れ合わせお互い照れ臭そうでなんだかいい感じ。

こうして平凡な人生から一転、新たな人生ならぬスライム生が始まったのであった。

三上:「田村、ハードディスク消去してくれたかな。あいつ消す前に中見なかっただろうな・・」

新たなスタートに胸躍らせながらも、目下の心配はそれなのか。
どれだけやばい趣味があったのか気になって仕方がないꉂ(´▽`)ケラケラ

そして東京。
田村は約束通り、パソコンを浴槽の中にドボン。
見事にパソコンも成仏したのでした。

田村:「先輩、安らかにお眠りください。子供が生まれて男の子だったら悟って付けます」

約束をちゃんと守るいい奴だけど、果たして中身は見たのか見てないのか・・・w

-END-

感想

それにしても見た目は悪いわけではなく能力もあって人もよさそうなのになぜ彼女できなかったんだろう。

パソコンの中身消してほしいってことは女性に興味がないわけでもなさそうだし・・・
典型的な『いい人』で終わっちゃうタイプだったのかな。
転生後のスライム生は幸せでありますように。。。

余談だが、一定条件を満たすと自動的にハードディスクを消去してくれるソフトがあるとか。
世の男性諸君は不測の事態に備えて導入を検討してみよう(´艸` )
あと人に頼むなら水没よりハードディスクを物理的に破壊するほうが確実。

色々細かいこと気にしたりはしたけど、転スラめっちゃおもしろい!
アニメ化にあたっての心配である声のイメージも全然違和感なく絵も綺麗だし最高(≧∇≦)b
2話目以降も楽しみ!

転生したらスライムだった件その他の記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アニメページ
-, , , , , ,